2019年2月6日水曜日

戦艦大和ノ最期 / 吉田満

「昭和20年3月29日、世界最大の不沈戦艦と誇った「大和」は、必敗の作戦へと呉軍港を出港した。吉田満は前年東大法科を繰り上げ卒業、海軍少尉、副電測士として「大和」に乗り組んでいた。「徳之島ノ北西洋上、「大和」轟沈シテ巨体四裂ス 今ナオ埋没スル三千の骸(ムクロ) 彼ラ終焉ノ胸中果シテ如何」戦後半世紀、いよいよ光芒を放つ名作の「決定稿」。」
 
21世紀の戦争論 昭和史から考える ((文春新書)) で紹介されていた本を読んで見るシリーズです。漢字とカタカナの文語体で読み取るのに苦労しましたが、そのほうが雰囲気があると仰せだたので頑張って読みました。
武蔵を読んだときにも感じる一言で説明できないいくつかの感情に支配されます。このあとは長門のお話を読みます。